脚の付け根で後ろ側・お尻側に痛みが出ることがあります。

先日、何年かぶりにお越しの方があって、脚の付け根の後ろ側に違和感があったのに走ったらさらに痛くなってしまい、立っていても違和感があるとのこと。

よくよく痛みの箇所をチェックしてみると、先日もここに載せた中殿筋にまず強い緊張がありました。中殿筋は骨盤の腸骨と大腿骨の一番上の出っ張りとを結ぶ筋肉。

Effectplus_20170609_114809

こないだと同じ写真ですが星の辺りです。

ここをよくゆるめ、再度チェックしていくと、今度は、お尻のくぼみのところにある梨状筋に強い緊張があるのが浮かんできました。

この梨状筋というのは骨盤の真ん中の仙骨と大腿骨の一番上の出っ張りを結ぶ筋肉。

Effectplus_20170612_174753

星の辺りです。おしりのくぼみの所です。ここが緊張するとおしりから太ももの後ろ辺りがしびれたような感じが出やすいのです。

初めの箇所が弛んでくると別の箇所が浮かんでくることはよくあることですが、さらにここをよくゆるめ、骨盤の調整を行ったところ、痛みがほぼ消えました。

中殿筋のストレッチは前回も載せましたが、

IMG_2953

こうとか、

IMG_2957

こう。こちらはおしり全体が伸びます。
梨状筋ストレッチもこれで良いのですが、

IMG_2958

脚を外に出して、あひる座り、ぺたんこ座りのようにしても良いです。
写真は寝てますけど、座るだけで良いです。
ただし男性は内股にするのが苦手なことが多いので、きつければ無理はしないようにして下さい。


by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の総合サイト


人気ブログランキングへ