お尻から脚にかけてのしびれでお越しのママさんがいらっしゃいました。

産後はいろいろと症状が出ることが多いですが、このようなお悩みもわりとよく耳にします。

Effectplus_20180221_151210

今回の方の痛みの箇所は赤い線のあたり。
お尻から太もも裏の外側にかけて、歩いたりすると痛くなってくるとのこと。
こういう症状があると坐骨神経痛だと思われがちですが、実は神経症状ではないことのほうが圧倒的に多いと思います。

調べてみますと、

Effectplus_20180221_151405

中殿筋(ピンクの★)や大腿二頭筋(青のライン)に強い張りがありました。
張って緊張しているとその箇所の血流が悪くなっており、力が入った、力がかかった時により収縮して血流が悪くなるため、発痛物質が出て痛みになります。

緊張のある筋肉は痛くない側と比べて硬く、触られても硬さや痛さがあるのでたいていすぐにわかります。
本当の神経症状ですと触られても感じないとか力が入らず筋肉が弛緩していますから別物です。その場合はすぐに病院に行かないとダメです。

今回の場合はこの緊張箇所をよくゆるめ、痛い側に体重がかからないように骨盤のバランスを調整しましたところ、よく効いたようで、翌週に来ていただいた時には痛みはなくなっておりました。

KIMG1616

上のように大腿二頭筋のストレッチはちょっとした台に足を載せて、つま先を上げ、そのまま体を前に倒すと良いです。

IMG_2953

中殿筋の場合はこれか、

IMG_2957

これあたりが良いでしょう。これは左のお尻をストレッチしています。


by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)



人気ブログランキングへ