横浜市中区元町の整体 カイロプラクティックCura(クーラ) パパクーラの世界

横浜元町カイロプラクティックCura(クーラ)の日記。パパとママで書いてます。症例、健康、食べ物、行った場所などなど。

食養・マクロビ関連

一休寺納豆 一休しぐれ

d583346e.jpg
京都田辺の酬恩庵一休寺を訪れたましたが、こちらには一休禅師ゆかりの品があります。

まず
一休寺納豆

一休禅師が伝授したとされる納豆。
納豆と言っても見た目は黒く、味はまさに鉄火味噌。
白いご飯のお供にぴったり。

そして
一休しぐれ

牛肉しぐれではなく、生麩の佃煮。
さすが精進料理。

やっぱりご飯のお供。

いかにご飯を美味しくいただくか、昔の知恵でしょうか。

どちらも試食させていただいて、子供たちが美味しいと言ったので買いましたが、
彼らは今朝も御飯に載せていただいていましたよ。


人気ブログランキングへ

須永晃仁和尚による食養望診法の講座

Umiのいえで開催されました、須永晃仁和尚様による食養望診法の講座を28(木)29(金)と二日間にわたり受けてきました。

僕は過去にも須永和尚の講座を何度か受けておりますが、今回は3,4年ぶり。
なぜ同様の講座を何度も受けているのかというと、もちろん復習の意味でもありますが、
僕の場合、和尚のお顔を拝見しに行ってると言う感じが強いです。
時々挟まれるお話が面白く、法話のようであったり。
あとはやはり和尚のお料理が目当て。

食養というのは食物養生法のことで、食べもので健康を維持する方法のこと。
明治期では医師石塚左玄、その元を辿ると江戸期の水野南北に行きつきます。
マクロビオティックはこの考え方がヨーロッパに渡って逆輸入されたものですね。
物事を陰陽で見る考え方で、簡単に言えば、体が陰か陽のいずれかに偏っている時はその逆の物を食べて中庸な状態にバランスをとろうとするもの。
そして望診法は体の状態を観て判断する方法というわけです。

詳しくは須永和尚のHPなりをご覧いただくとわかるかと思います。

講座の内容についてはさておきまして、毎回この講座の時は一度須永和尚による精進料理をいただくことができます。

29(金)のお昼にいただきましたものがこちら。

DSCN6578

お野菜の炊いたもの。

DSCN6579

くず豆腐のわさびバージョン。わさびが効いてます。

DSCN6580

冷やし中華。載っているのは鶏肉でなくて湯葉です。あとエノキ。
たれが酸味でツンツンしていなくて、なんだろうと思ったら、
しょうゆ、リンゴジュース、酢を同量混ぜたもの。優しい味。

DSCN6581

木綿豆腐、山芋、ショウガの入ったお吸い物。
昆布としいたけのみの御出汁。
なので通常家庭で使う量の倍以上の昆布としいたけを使って、沸騰させないようにするんだそう。

DSCN6582

トマトと味噌で炊いたご飯。
すみません、一口食べてしまってから撮りました。
トマトは今が旬ですね。

和尚の料理はもちろん肉類は使いません。
有機無農薬じゃないとダメとかそういうこともなく、
どこでも買える普通の食材を使います。
が、旬のものをお使いになります。
そして調味料だけは良い物を使うのが良いと仰います。
写真をご覧いただくとその季節のものをお出しいただいているのがわかりますね。

どのお料理も量はさほど多くはありませんが、これだけいただくと満足感があります。
どれも自然なやさしい味で、化学的なキツさがありません。
丁寧さ、上品さを感じるお味です。

須永和尚の教えは、何を食べると良いとか悪いとかではなく、
その人の状態、生活、食べ物を総合的に判断して、
陰陽のバランスがとれた中庸状態になるようにすれば良いというものです。
考え方はマクロビオティックに近いけれど違うところもあります。
化学的な知識も豊富でいらっしゃるので、理論の裏づけがあり、非常に勉強になります。

講義ではさらに仏さま関連のお話や、姓名判断の話とか(今回はなかったけれど)も入って来たりして、
大変面白いんです。お話のテンポが速いので、慣れてないといけないんですけど。

次回の講義はまたいつになるのかは分かりませんが、
次回もぜひ受けたいなと思っております。

 
人気ブログランキングへ

今年の梅仕事

d46a35b0.jpg
こんにちはママクーラです。


今年の梅仕事は、梅干10kg、梅ジュース4kgです。
試行錯誤しながら、我が家に必要な量と作るペースがやっと掴めてきた感じです。


梅ジュースは1kgずつ買って漬けて、梅干も5kgずつ仕込んだので、思いのほかラクです。
ただ、梅雨明けに干す作業は、我が家の狭いベランダだと大変かな…。
梅雨明けの晴天3日間が、忙しく無い事を祈りたいです。


それにしても、ここ暫くの蒸し暑さで冬仕込みの味噌の発酵が一気に進み、
密閉容器で寝かせていたら、蓋がガスで押されて開いていました。
真夏までは冷蔵庫に入れずに、常温保存したいんですけどね。
冷蔵庫がパツパツになるので…(^_^;)


人気ブログランキングへ

望診法講義録 人相編

ba6a2519.jpg
真言宗の僧侶でありながら食養の先生でもいらっしゃいます春風米ぞう(須永晃仁和尚)様の新刊がめでたく出版されました。

望診法とは顔を見て体の状態を判断するもので、
昨年の手相編に引き続き今回は人相編。

陰陽で状態を判断するのが基本ですので、その見方、考え方に始まり、
顔の個別の場所の解説がなされています。

さらに巻末には付録密教ヨーガが掲載されており、
和尚自らがポーズをとられた写真とその解説まであります。


和尚様の講義は以前何度か受けさせていただきましたが、
最新情報でこうして改めて勉強できるのは、とてもありがたいです。


本書にあることをちょっと考えながら自分の食事に気を遣うと、体も変わると思いますよ。

ちなみに和尚様の作ってくださった昼食と夕食をいただいた翌朝、
普段以上に快便だったのが忘れられませんね。

ご興味のある方は須永和尚様のブログ「米ぞうの家」をぜひご覧ください。


人気ブログランキングへ

今年も味噌作り

bd6e2596.jpg
こんにちはママクーラです。


今日は仕事が昼からだったので、
朝、子供達を送り出してから味噌を仕込みました。


今年は、時間に余裕を持って
一昨日の夜~昨日の夕方まで20時間近く浸水させた大豆を、
昨晩2~3時間煮て、夜はそのまま放置して今朝1時間ほど煮たらとても軟らかくなっていて
潰しやすく、作業が速く進みました。


乾燥大豆2kgだと、乾燥麹も1.6kgになり重労働になってきますが、
家にある大鍋や大きなボウルに材料を4分割して、
味噌を入れる器も麹を混ぜるのに駆使したりして
やっと手際よく作れるように(^_^;)


味噌の仕込みプロセスは簡単だけど、量が多くてアワアワしちゃうんですよね。

慣れない方は、乾燥大豆1kgで十分かも。500gでも良いかも。
乾燥大豆1kgでも、4kgほどの味噌が作れます。


なんて言いつつ、私は欲張って乾燥大豆2kgです。
これでも、昨年は米麹と豆麹とで作り分けた事から考えたら楽かな。
パルシステムで買った、内径24cmのホウロウ樽が大活躍。


約8kgの味噌が出来るのが、今年も楽しみです。


人気ブログランキングへ
Twitter
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

パパクーラ

記事検索
  • ライブドアブログ